ケンモータース 買取 評判

ケンモータースの買取の評判は?

 

カーセンサー簡単ネット査定

 

愛車を高く売るためにはいくつかの重要なポイントがあります。そのポイントについて中古自動車査定士の免許を持っている中古車買取店の社員がご説明致します。愛車を高く売るためにぜひご活用下さい。

 

ケンモータースは札幌市清田区に本社がある車買取販売店です。車買取の他に中古車の販売なども行っています。ケンモータースは買取った車の名義を4日で変更してくれるので、車売却後トラブルになることもありません。また、買取った車を自社の店舗で直販しています。これによりオートオークションへの出品費など大幅なコスト削減が可能となりますので、当然その分買取価格が高くなることが予想されます。そんなケンモータースの車査定を受けた人はかなりたくさんいらっしゃいます。実際にケンモータースの車査定を受けた人達の評判です。「営業の方の対応がとても良かった」「古い車であったが値段を付けてくれた」「査定額を上げてくれた」「担当者が誠実で、しかも高値を付けてくれた」このようになかなか良い評判が集まっています。ただ、愛車を1円でも高く売りたいならケンモータース以外の車買取店の査定も受けるべきです。ケンモータースよりも高価買取してくれる買取店があるかもれないからです。最低でも3社から見積もりを出してもらいましょう。

 

かんたん車査定ガイドはガリバー・アップルなどの人気車買取店が参加している車一括査定サイトです。3社以上の査定見積もりも簡単に取ることができるので、おすすめです。

 

⇒かんたん車査定ガイドで愛車の買取り価格の相場を調べてみる(無料)

 

愛車を高く売る為の3つのポイント

 

1. ディーラーの下取りに持ち込まないこと

 

車を手放す方法として、ディーラーに売却する「下取り」と車買取店に売却する「買取」があります。この二つの違いを知っておかないと損をすることになります。「下取り」はディーラーで車を売却し、その頭金を新車購入の代金に充てることです。買取は中古車買取店で車を売却し現金化されます。「買取」は「下取り」よりも査定額が2割〜3割高くなります。

 

 

2. 1社だけの査定で即決しないこと

 

1社だけの査定で即決すると必ず損をします。1社だけの査定では、その査定額が高いか安いか判断できません。他の買取店と比較していないのですから当然のことです。また、比較対象が無いと買取店の思う壺。言い値で買取られてしまいますよ。

 

 

3. 複数の車買取店の査定を受けること

 

複数の車買取店の査定を受けることが愛車を高く売るための近道です。査定額が多ければ多いほど、比較対象が増えるので、買取価格は高くなる傾向にあります。また買取店によって得意な車種が存在しますので、比較対象が多いほど、あなたの愛車をもっと高く買取ってもらえる確率がUPします。

 

⇒かんたん車査定ガイドで愛車の買取り価格の相場を調べてみる(無料)

 

おすすめオンライン車買取査定の無料サービス

 

かんたん車査定ガイド

 

カーセンサー簡単ネット査定

@「かんたん車査定ガイド」について説明したいと思います。「かんたん車査定ガイド」とは、査定してほしいの車の情報を入力すると、なんと一秒程という速さでおおよその査定金額を教えてくれる、非常に便利なサイトです。これなら、時間がない時にでもすぐ確認ができます。そして、このガイドと提携しているのは、すべて日本自動車流通研究会(略して「JADRI」)加盟の、信頼できる査定会社ですので安心です。査定会社のリストも、わずか30数秒ほどでわかります。中には業界ナンバー1の「ガリバー」も名を連ねています。また、即日現金買取サービスのある業者もすぐにわかって、売りたいときにすぐ売れるというメリットもあります。さらに、あまり人気がないと言われている車の査定も、比較的高額になるということで、すでに利用している人々には高く評価されています。最後に、気になるのがこのサイトを運営しているのがどんな企業かということでしょう。こちらは、東証一部上場の「株式会社エイチーム」。信頼に値する会社です。

 

⇒かんたん車査定ガイドで愛車の買取り価格の相場を調べてみる(無料)

 

 

ズバット車買取比較

 

カーセンサー簡単ネット査定

A「ズバット車買取比較」というサイトをご存じですか。このサイトの一番の魅力は、なんといっても登録業者が多いことです。全部で約150社にも及ぶというから驚きの規模。全国各地の中古車買取・販売会社が名を連ねています。登録業者が多いということは、一度に複数の業者の査定見積もりを入手できるということ。いちいち調べて比較する手間がいりません。また、業界大手はもちろんのこと、登録している業者には、たとえばある一定の車種限定で買取をしているなど、特色のある査定業者も含まれています。ですので、マニアックな車をお持ちの方のニーズにも応えることができるのです。査定依頼の方法は簡単。愛車の車種・型式など、基本的な情報を入力したら、一括で査定額がリストアップされます。そこから、希望額に近い査定を出した業者をピックアップし、実際に査定をしてもらうことになります。最良の条件を、自分で簡単に見つけることができるのです。

 

⇒ズバット車買取比較で愛車の買取り価格の相場を調べてみる(無料)

 

 

カーセンサー簡単ネット査定

 

カーセンサー簡単ネット査定

B「カーセンサー簡単ネット査定」。こちらは、CMで有名な中古車情報誌を発行するリクルートが運営する、中古車買取の一括査定サービスで、最大30社からの査定見積もりが一度にできます。つまり時間も手間もかけず、より高額で買い取ってくれる業者を探せるのです。しかも、車好きに多い、マニアックな車種の査定も得意とするところで、比較的高く査定してくれる可能性も高いといいます。こちらの特徴は、さらに、その査定業者のリストが、あなたの住所から近い順に表示されるということです。これはとても便利ですよね。また、メールで出張査定の依頼や事故車についての問い合わせができることも、便利なポイントです。

 

⇒カーセンサー.net簡単ネット査定で愛車の買取り価格の相場を調べてみる(無料)

 

走行距離の少ない車は高く売れるの?

車が高く売れるか安く売れるかの大きな指標として走行距離があります。走行距離が少ない車の方が高く売れやすいです。車種・年式・コンディションが全く同じで走行距離2万キロのA車と走行距離6キロのB車を比べた場合、走行距離が少ないA車の方が高く評価されます。車の走行距離は1年で1万キロが基準とされています(一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)が設定)。年間走行距離1万キロ未満ならプラス評価されます。ただ、この年間走行距離1万キロという基準は登録後4年までの車に適応されます。4年を超えると、5年までは年間9千キロ、6年までは年間8千キロ、8年までは年間7千キロ、9年以上は年間6千キロ、というように車が古くなればなるほど年間走行距離の基準が短くなっていきます。この基準値はあくまで目安であり絶対値ではありませんが、それでも走行距離が少ない車の方が評価される傾向にあります。しかし、走行距離が少なくてもマイナス評価となる車もあります。例えば年式が古くて走行距離が極端に少なすぎる車などはマイナス評価となります。自動車は走らせなくても劣化が進みます。特にバッテリー・サスペンションなどは、車を走らせないと余計に劣化が進んでしまいます。必ずしも「走行距離が少ない=高く売れる」という構図が成り立つわけではないということを頭に入れておきましょう。

 

もし、愛車を売りたいけど走行距離が心配・・・という方は、かんたん車査定ガイドを利用されてはいかがでしょうか?かんたん車査定ガイドならおよそ1分で自分の愛車の査定額を知ることができるので気軽にご利用頂けます。

 

⇒かんたん車査定ガイドで愛車の買取り価格の相場を調べてみる(無料)